コルクの成熟プロセス:重要性とキーファクター

コルクの成熟は、この天然資源を基にした高品質な材料の生産において不可欠なステップです。このプロセスの間に、コルクのシート形式のボールは、少なくとも12ヶ月続く重要な安定化期間を経ています。この段階は、コルクの細胞の安定化と「緑のコルク」という初期段階のコルクの残留物の除去を保証するために不可欠です。

しかし、成熟プロセスの成功は、その期間だけでなく、保管が行われる条件にも依存します。成熟が行われる場所の気候などの要因は、製品の最終的な品質に大きく影響する可能性があります。適切な保管には、以下のような側面を考慮する必要があります:

• 天候からの保護:雨、極端な日差し、湿度などの要素からコルクを保護することは、その品質に影響を与える可能性があるため、非常に重要です。

• 絶縁:コルクが外部の汚染物質から隔離された場所にあることを確認することは、その完全性を維持するために不可欠です。

• 配置:コルクのボールがどのように積み重ねられ、整理されるかは、それらがどのように換気されるか、したがって、それらの成熟にどのように影響するかに影響する可能性があります。

したがって、最高品質のコルクを得るためには、最小の成熟時間を尊重するだけでなく、理想的な保管条件を保証することも不可欠です。Parramon Exportapでは、気候的に完璧な方向性を持つコルクの保管倉庫が建設されました。太陽は東から昇り、倉庫の側面全体に影響を与え、日が進むと、午後には倉庫の他の側面全体に影響を与えます。北風「トラモンターナ」は、倉庫の北から南に影響を与え、乾燥プロセスを助けます。

このプロセスが正しく行われると、処理されるコルクの質量が可能な限り最高の品質であることを保証し、耐久性と高いパフォーマンスの最終製品を提供します。

環境と持続可能性。倉庫の上部全体が太陽電池パネルで覆われており、工場が必要とするエネルギーの総量の45%を生成しています。この屋根の雨水は井戸に向けられ、そこで保管され、次のプロセス、すなわち水分補給のために使用されます。

上部へスクロール
Skip to content