“Parramon Exportap”におけるイノベーション:コルク栓のための蒸気と温度プロセス

Parramon Exportapでは、私たちは「蒸気と温度」として知られる入念なプロセスを導入し、コルク栓の品質と純度を確保するために特別に設計された製造プロセスに取り入れました。このプロセスの主要な目的は、TCA(トリクロロアニソール)などの揮発性成分を除去し、栓に存在する可能性のあるこれらの成分がワインの品質に悪影響を及ぼすのを防ぐことです。

この手順は、蒸気を処理室に注入することから始まります。この蒸気は通常のものではなく、効果を確保するために事前に再加熱されています。蒸気を処理室の底から導入すると、それが上昇する流れが生成されます。この流れは重要であり、蒸気が上昇するにつれて、コルク栓に直接接触し、含まれている揮発性成分を浸透させ、除去します。強力なエクストラクターが部屋から揮発性成分を取り除く役割を果たします。

このプロセスの効率は実行される温度によって向上します。私たちは処理室を摂氏114度の一定の温度に保ちます。この特定の温度は、再加熱された乾燥蒸気の循環と組み合わさり、望ましくない化合物を最適に除去し、コルク栓を汚染物から解放し、高品質のワインのボトリングに使用できるようにします。

要約すると、「蒸気と温度」のプロセスは、私たちの卓越性へのコミットメントを反映するだけでなく、お客様に最高品質で純粋なコルク栓を提供するための私たちの献身の証でもあります。

上部へスクロール
Skip to content